Publications

 Publications (English) / 論文等(和) / 学会発表(和) / Presentations (English)

  学会発表(和)


中部貴央, 原広司, 今中雄一. 介護事業所における職員の精神的健康状態と利用者のQOL、組織文化との関連. 第79回日本公衆衛生学会総会: 京都,オンライン開催 2020年10月20日-22日(受理・発表予定)

糸島 尚, 愼 重虎, 國澤 進, 今中 雄一. 免疫化学療法時の固形腫瘍患者へのB 型肝炎ウイルスのスクリーニングと再活性化の検討:自治体レセプトデータ解析. 第79回日本公衆衛生学会総会: 京都, オンライン開催 2020年10月20–22日(受理・発表予定)

林慧茹, 亀山悟, 高柳智美, 池田(園田)紫乃, 高橋新, 一原直昭, 宮田裕章, 今中雄一. 機械学習を用いた医療・介護・健診・所得からの個人将来要介護度予測に関する研究.第79回日本公衆衛生学会総会: 京都, オンライン開催 2020年10月20–22日(受理・発表予定)

佐々木典子, 吉田雅博, 山口直人, 奥村晃子, 菅原浩幸, 愼重虎, 今中雄一. 若手医師の診療ガイドライン活用の関連要因―教育、電子媒体への嗜好と病院IT環境. 第79回日本公衆衛生学会総会: 京都(オンライン), 2020年10月20日-22日(受理・発表予定)

瀬川裕美, 坂本龍太, 今中雄一. 精神的健康状態と自殺企図の要因~ブータン王国第三次国民総幸福量調査より~ . 第79回日本公衆衛生学会総会: 京都,オンライン開催 2020年10月20日-22日(受理・発表予定)

愼重虎, 佐々木典子, 今中雄一. 急性心筋梗塞患者におけるPCI実施割合の地域差とその関連要因:NDBを用いた分析. 第79回日本公衆衛生学会総会: 京都, オンライン開催 2020年10月20–22日(受理・発表予定).

中部貴央, 原広司, 今中雄一. 介護事業所におけるクライシスマネジメントへの意識と組織文化との関連.第58回日本医療・病院管理学会学術総会: 福岡, オンライン開催 2020年10月2–4日

糸島 尚, 愼 重虎, 佐々木 典子, 國澤 進, 今中 雄一. 肝硬変を伴う上部消化管出血患者への予防的抗菌薬の効果:DPCデータ分析. 第58回日本医療・病院管理学会学術総会, オンライン開催 2020年10月2–4日

愼重虎, 佐々木典子, 國澤進, 今中雄一. NDBを用いた地域医療システムの質指標の算出. 第58回日本医療・病院管理学会学術総会, オンライン開催 2020年10月2–4日

林慧茹, 亀山悟, 高柳智美, 今中雄一. 人工知能による介護・医療・健診・税賦課データを用いた個人の将来介護費と医療費の予測モデル開発. 第58回日本医療・病院管理学会学術総会: 福岡, オンライン開催 2020年10月2–4日

愼重虎, 佐々木典子, 國澤進, 今中雄一. 抗菌薬の院内使用基準が市中肺炎患者の診療ガイドライン推奨抗菌薬の選択に及ぼす影響、およびその抗菌薬選択がアウトカムに及ぼす影響. 第58回日本医療・病院管理学会学術総会, オンライン開催 2020年10月2–4日

愼重虎, 國澤進, 今中雄一. 2型糖尿病患者における歯周疾患の管理が医療費、入院、重症化に及ぼす影響. 医療経済学会 第15回研究大会: オンライン開催 2020年9月5日.

瀬川裕美, Chencho D, Nidup D, Ugyen W, Pemba Y, 上松弘典, 國澤進, 坂本龍太, 愼重虎, 今中雄一. ブータン王国内の高血圧リスクの背景要因分析検討:Bhutan-Non Communicable Diseases Risk Factors: STEPS Survey Bhutan 2014を用いて. 第34回日本国際保健医療学会:三重, 2019年12月7-8日.

佐々木典子, 今中雄一. 実装の科学・技術と診療ガイドライン.診療ガイドラインと医療の質・QIで目指すData-Driven Health. 日本医療機能評価機構共同企画(シンポジウム). 第39回医療情報学連合大会: 千葉, 2019年11月21日-24日.

中部貴央, 竹内治. 医療紛争における裁判外紛争解決(ADR)での相談前置のあり方―相談利用者ならびに相談委員への調査結果から―日本医事法学会第49回研究大会: 福岡, 2019年11月16日-11月17日. (ポスター発表)

愼重虎, 佐々木典子, 國澤進, 弘田義人, 今中雄一. 『術後感染予防抗菌薬適正使用のための実践ガイドライン』の遵守に影響を及ぼす病院診療科レベルの要因の検討 -調査票調査とDPCデータを用いた分析-. 第57回日本医療・病院管理学会学術総会: 新潟, 2019年11月2–4日.

原広司, 中部貴央, 今中雄一. 介護職員の職務満足と組織文化・職場環境との関係. 第57回日本医療・病院管理学会: 新潟, 2019年11月2日-4日.

中部貴央, 原広司, 今中雄一. 介護事業所における組織文化の構造に関する検討. 第57回日本医療・病院管理学会学術総会: 新潟, 2019年11月2日-4日.

鈴木竣平, 原広司, 烏帽子田彰, 今中雄一. 地域枠を考慮した都道府県別医師数の将来推計. 第57回日本医療・病院管理学会: 新潟, 2019年11月2日-4日.

高田大輔, 伏見清秀, 今中雄一. 機械学習やスパースモデリングなどの統計的手法による肺炎院内死亡予測精度の違い. 第78回日本公衆衛生学会総会: 高知, 2019年10月23–25日.

中部貴央, 原広司, 今中雄一. 介護サービス利用者のQOL・精神的健康状態への関連要因の探索(第1報). 第78回日本公衆衛生学会総会: 高知, 2019年10月23日-10月25日. (ポスター発表)

原広司, 中部貴央, 今中雄一. 介護サービス利用者のサービス満足および精神的健康と職員の組織文化との関連(第2報) . 第78回日本公衆衛生学会総会: 高知, 2019年10月23日-25日. (ポスター発表)

瀬川裕美, Chencho D, Nidup D, Ugyen W, Pemba Y, 坂本龍太, 愼重虎, 今中雄一. ブータン王国のNCD-STEPS-Surveyを用いた、健康行動に関わる背景要因の検討. 第78回日本公衆衛生学会総会: 高知, 2019年10月23日-25日.

小野美樹, 後藤悦, 野尻孝子, 中山健夫,今中雄一. 和歌山県の医療機能評価(第1報):「地域性を考慮した定量的な基準」の導入にむけて. 第78回日本公衆衛生学会総会: 高知, 2019年10月23日-25日. (ポスター発表)

後藤悦, 小野美樹, 野尻孝子, 中山健夫,今中雄一. 和歌山県の医療機能評価(第2報):「県独自の基準」の作成. 第78回日本公衆衛生学会総会: 高知, 2019年10月23日-25日. (ポスター発表)

愼重虎, 佐々木典子, 今中雄一. CABGにおける予防抗菌薬投与のガイドラインの推奨自体の相違とSSI発症との関連. 第78回日本公衆衛生学会総会: 高知, 2019年10月23–25日.

林慧茹, 瀬川裕美, 今中雄一. 介護サービス利用の組合せによる、深層学習を用いた要介護度変化の予測モデル構築. 第78回日本公衆衛生学会総会: 高知, 2019年10月23–25日.

堤育代, 三浦由希子, 関正則, 吉田近思, 米野琢哉, 今中雄一. 臨床研究法が日本の臨床研究に及ぼす影響:分割時系列分析. 第81回日本血液学会学術集会: 東京, 2019年10月14日. ポスターセッションPS1-9-5.

愼重虎, 國澤進, 今中雄一. 院内死亡、医療費および在院日数の予測におけるCharlson、Elixhauser、combination併存疾患指数の算出とその活用方法の比較:DPCデータを用いた研究. 医療経済学会 第14回研究大会: 東京, 2019年9月7日.

高田大輔, 國澤進, 伏見清秀, 今中雄一. 透析患者の肺炎院内死亡における予後予測因子としてのBMI. 第64回日本透析医学会学術集会・総会: 横浜, 2019年6月28日-30日.

高田大輔, 國澤進, 松原雄, 柳田素子, 伏見清秀, 今中雄一. CKD stage5/5D期患者におけるA-DROPに変わる肺炎院内死亡予測モデルの作成と検証. 第62回日本腎臓学会学術総会: 名古屋, 2019年6月21–23日.

愼重虎, 國澤進, 伏見清秀, 今中雄一. 歯科医師による術前口腔管理が食道がん術後のアウトカムに及ぼす影響:傾向スコア分析. 第73回日本食道学会学術集会: 福岡, 2019年6月6–7日.

青山武司, 今中雄一. 日本における高齢者のStanford A型大動脈解離の現状と治療方針によるアウトカムの違い:DPCデータを用いて. 第56回日本・医療病院管理学会学術総会:福島, 2018年10月28日

音喜多智,上松弘典,佐々木典子,今中雄一. 脳卒中発症後のリハビリテーション介入のタイミングが患者転帰に及ぼす影響. 第56回日本医療・病院管理学会学術総会: 福島,2018年10月28日.

弘田義人, 伏見清秀, 今中雄一. 高齢者の回避可能な再入院についてのリスク調整アウトカムを用いた病院間比較. 第56回日本医療・病院管理学会学術総会: 福島, 2018年10月28日.

佐々木典子今中雄一. 高齢者の年間医療費の特徴に関する検討. 第56回日本医療・病院管理学会学術総会: 福島, 2018年10月28日.

文靖子, 佐々木典子, 伏見清秀, 今中雄一. 小児がん患者を対象とした化学療法誘発性悪心・嘔吐に対する支持療法の調査. 第56回日本医療・病院管理学会学術総会: 福島, 2018年10月27日-28日 ポスター ★第56回日本医療・病院管理学会学術総会 優秀演題賞 (ポスター賞)

中部貴央,原広司, 今中雄一. 介護施設別・職種別の組織文化の把握および勤務継続意欲への関連要因の検討 . 第55回日本医療・病院管理学会総会:福島, 2018年10月27日-10月28日.

内藤優美, 高田大輔, 原広司, 田中将之, 池田俊也, 寺崎仁, 上條由美, 廣瀬昌博, 白髪昌世, 川渕孝一, 緒方泰子, 勝山貴美子, 今中雄一. 医療・病院管理におけるコンピテンシーの枠組み構築の試み1. 第56回日本医療・病院管理学会学術総会: 福島, 2018年10月27日.

原広司, 中部貴央, 今中雄一. 介護施設職員と病院職員の組織文化および業務・職場環境の比較―自記式質問紙を用いた横断研究―. 第56回日本医療・病院管理学会学術総会: 福島, 2018年10月27日.

原広司, 高田大輔, 内藤優美, 田中将之, 池田俊也, 寺崎仁, 上條由美, 廣瀬昌博, 白髪昌世, 川渕孝一, 緒方泰子, 勝山貴美子, 今中雄一. 医療・病院管理におけるコンピテンシーの枠組み構築の試み2. 第56回日本医療・病院管理学会学術総会: 福島, 2018年10月27日.

愼重虎, 國澤進, 伏見清秀, 今中雄一. 周術期口腔機能管理が食道・胃がん術後アウトカムに及ぼす影響. 第77回日本公衆衛生学会総会: 郡山, 2018年10月25日.

原広司, 今中雄一. 医師の人口ピラミッドと地域間移動率を考慮した医師数地域間格差の将来推計. 第77回日本公衆衛生学会総会: 福島. 2018年10月25日.

Lin HR, Imanaka Y. Determinants of long-term care expenditure: a multi-level panel data analysis. 第77回日本公衆衛生学会総会: 福島, 2018年10月24日-10月26日.

中部貴央,佐々木典子,荒井由美子,今中雄一. 認知症のケアにおける介護離職・介護休業と抑うつ度との関連.第77回日本公衆衛生学会総会:福島, 2018年10月24日-10月26日.

六車耕平, 伏見清秀, 今中雄一. わが国の重症呼吸不全患者への体外式膜型人工肺 (ECMO)施行の集約化の効果の検討. 第77回日本公衆衛生学会: 福島, 2018年10月24.

青山武司, 今中雄一. 高齢者におけるStanford A型急性大動脈解離の術後転帰. 第77回日本公衆衛生学会総会:福島, 2018年10月24日.

弘田義人, 國澤進, 伏見清秀, 今中雄一. 高齢者の回避可能な再入院の関連因子の検討. 医療経済学会 第13回研究大会: 東京, 2018年9月1日.

Lin HR, Kunisawa S, Imanaka Y. 介護保険自己負担上昇が個人レベルの総介護費用とサービス利用に及ばす影響. 医療経済学会 第13回研究大会: 東京, 2018年9月1日.

愼重虎, 國澤進, 伏見清秀, 今中雄一. 周術期口腔機能管理が食道がん術後アウトカムに及ぼす影響に関する研究 ―DPCデータを用いたマルチレベル傾向スコア分析―. 医療経済学会 第13回研究大会: 東京, 2018年9月1日.

原広司, 今中雄一. 地域別の医師の数と高齢化に関する将来予測: コホート要因モデル. 第13回医療経済学会研究大会: 東京. 2018年9月1日.

Lin HR, Kunisawa S, Imanaka Y. 介護保険自己負担上昇が個人レベルの総介護費用とサービス利用に及ばす影響. 医療経済学会 第13回研究大会: 東京, 2018年9月1日.

文靖子, 國澤進, 伏見清秀, 石川洋一, 今中雄一. 小児・思春期若年成人(AYA)世代に発症したがん患者の化学療法誘発性悪心・嘔吐に対する支持療法の調査. 第16回日本臨床腫瘍学会学術集会: 兵庫, 2018年7月19日-21日.

今中雄一. 森井大一, 上松宏典, 水野聖子, 吉田眞規子, 山下和人, 國澤進, 佐々木典子, 柴山恵吾, 賀来満夫. 薬剤耐性・アウトブレイクとコスト. 第33回日本環境感染学会総会・学術集会: 東京, 2018年2月23日-24日.

花木奈央, 山下和人, 國澤進, 今中雄一. 病院の救急車受入表示の実態:奈良県の救急搬送記録を用いた横断研究. 第76回日本公衆衛生学会総会: 鹿児島, 2017年10月31日-11月2日.

林慧茹, 國澤進, 佐々木典子, 今中雄一. Impact of newly diagnosed conditions on medical and long-term care expenditures. 第76回日本公衆衛生学会総会: 鹿児島, 2017年10月31日-11月2日.

寺岡英美, 大坪徹也, 國澤進, 佐々木典子, 今中雄一. 在宅医療における入院の予測モデルの開発―医療・介護レセプトデータを用いた研究―. 第76回日本公衆衛生学会総会: 鹿児島, 2017年10月31日-11月2日.

高橋達一郎, 大坪徹也, 今中雄一. 統合失調症外来患者における抗精神病薬大量処方の要因. 第76回日本公衆衛生学会: 鹿児島, 2017年10月31日-11月2日.

原広司, 今中雄一. 人口構造の変化を考慮した診療科別医師数の地域間格差~複数の格差指標を用いた検証~. 第76回 日本公衆衛生学会総会:鹿児島, 2017年10月31日-11月2日.

後藤悦, 今中雄一. 二次医療圏別前期高齢者医療費の要因構造. 第76回日本公衆衛生学会総会: 鹿児島, 2017年10月31日-11月2日.

中部貴央, 佐々木典子, 荒井由美子, 今中雄一. 認知症介護におけるインフォーマルケアと介護負担感との関係. 第76回日本公衆衛生学会総会: 鹿児島, 2017年10月31日-11月2日.

花木奈央, 山下和人, 國澤進, 今中雄一. 奈良県の救急搬送時迅速化の取り組みの地域への影響:奈良県の救急搬送記録を用いた横断研究. 第45回日本救急医学会総会・学術集会: 大阪, 2017年10月24日-26日. ポスター

國澤進, 佐々木典子, 今中雄一. 医療の質や費用における地域ごとの指標の情報共有・公表のありかたに関する意識調査. 第55回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2017年9月17日-18日.

林慧茹, 後藤悦, 國澤進, 今中雄一. 介護サービスの利用状況を考慮した疾患発症が高齢者の死亡に及ぼす影響. 第55回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2017年9月17日-18日.

原広司, 今中雄一. 二次医療圏ごとの人口構造を考慮した医師数の需給バランス~地域間格差と経年変化~. 第55回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2017年9月17日-18日.

高橋達一郎, 大坪徹也, 國澤進, 今中雄一. 統合失調症外来患者の抗精神病薬多剤処方の要因. 第55回日本医療・病院管理学会学術総会:東京, 2017年9月17日-18日.

中部貴央, 上松弘典, 佐々木典子,國澤進, 荒井由美子, 今中雄一. 認知症介護における小規模多機能型居宅介護の利用と介護負担. 第55回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2017年9月17日-18日.

佐々木典子, 奥村晃子, 菅原浩幸, 吉田雅博, 山口直人, 今中雄一. 診療所と病院の医師による診療ガイドライン,医療の質指標の活用状況および情報検索環境の実態調査. 第55回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2017年9月17日-18日.

今中雄一. 池田俊也, 寺崎仁, 上条由美, 廣瀬昌博, 白髪昌世, 緒方泰子, 原広司, 田中将之, 大野達也. 医療管理におけるコンピテンシーの枠組みの整理. 第55回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2017年9月17日-18日.

原広司, 今中雄一. 超高齢社会における診療科別医師数の地域間格差の推移. 医療経済学会 第12回研究大会: 横浜, 2017年9月2日.

Lertjanyakun V, Kunisawa S, Imanaka Y. Cost-effectiveness of Exemestane+Everolimus and Toremifene compared to Exemestane Alone as Second-Line Therapies in Postmenopausal Hormone Receptor–positive and Human Epidermal Growth Factor Receptor 2–negative Metastatic Breast Cancer in Japan. 医療経済学会 第12回研究大会: 横浜, 2017年9月2日.

花木奈央, 山下和人, 國澤進, 今中雄一. 病院への収容要請電話回数が救急搬送時間に与える影響について:奈良県の救急搬送記録を用いた横断研究. 第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会: 東京, 2017年5月26日-28日.

上松弘典, 山下和人, 大坪徹也, 國澤進今中雄一. 特定健康診査データを用いた肺炎発症予測と肺炎球菌ワクチンの適正分配. 第36回医療情報学連合大会(第17回日本医療情報学会学術大会) :横浜, 2016年11月21日-24日.

林慧茹, 大坪徹也, 今中雄一. Analysis of Assistive Technology Use among users with and without Dementia. 第75回日本公衆衛生学会総会: 大阪, 2016年10月26日-28日.

大坪徹也, 今中雄一. 入院外院内処方ならびに院外処方に伴う後発医薬品の数量シェアとその関連要因. 第54回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2016年9月17日-18日.

國澤進, 佐々木典子, 大坪徹也, 今中雄一. 医療の質や費用における地域ごとの指標の情報共有・公表のありかた ~地域の医療にかかわる行政・保険者・医療団体等の意識調査. 第54回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2016年9月17日-18日.

林慧茹, 後藤悦, 國澤進, 大坪徹也, 今中雄一. 介護保険利用者の認知症有無と介護サービス利用の関連. 第54回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2016年9月17日-18日.

中部貴央, 佐々木典子, 上松弘典, 國澤進, 今中雄一. 認知症の人の介護に関する負担の可視化:インフォーマルケアコストと金銭的負担. 第54回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2016年9月17日-18日.

寺岡英美, 今中雄一. 大坪徹也, 國澤進, 佐々木典子. 京都府の在宅医療提供体制における地域差と医療機関毎の機能評価. 第54回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2016年9月17日-18日.

落合英伸, 大坪徹也, 髙橋達一郎, 今中雄一. 京都府国民健康保険および後期高齢者医療保険外来レセプトデータを用いた統合失調症外来患者の抗精神病薬薬剤数と大量処方との関係. 第54回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2016年9月17日-18日.

原広司, 今中雄一. 超高齢社会における医師数の地域間格差の推移. 医療経済学会 第11回研究大会: 東京, 2016年9月3日.

水野聖子, 國澤進, 佐々木典子, 伏見清秀, 今中雄一. 学会期間における急性心筋梗塞の治療内容と予後. 医療経済学会 第11回研究大会: 東京, 2016年9月3日.

今中雄一. 保健医療システム再構築に向けたEvidence-Based Policy:インデックス,エビデンスと制度・政策. 第86回日本衛生学会学術総会: 旭川, 2016年5月11日-13日.

國澤進, 伏見清秀, 今中雄一. DPC参加病院における救急医療再入院率と平均在院日数~胃癌、大腸癌、肺癌切除術症例の検討. 第116回日本外科学会定期学術集会: 大阪, 2016年4月14日-16日.

山下和人, 猪飼宏, 國澤進, 今中雄一. DPCを含むBig data総括の見地から. 第39回日本脳神経外傷学会: 仙台, 2016年2月26日-27日.

今中雄一. 佐々木典子, 國澤進, 大坪徹也, 田中将之. 医療システム再構築に向けたEvidence-Based Policy-Scoping Reviewによる検討.  第53回日本医療・病院管理学会学術総会: 福岡, 2015年11月5日-6日.

佐々木典子, 奥村晃子, 吉田雅博, 山口直人, 今中雄一. 研修医の情報検索行動と病院のIT環境-全国多施設調査. 第53回日本医療・病院管理学会学術総会: 福岡, 2015年11月5日-6日.

後藤悦, 田中将之, 佐々木典子, 大坪徹也, 國澤進, 今中雄一. 大学院における健康医療介護政策の講義体系. 第53回日本医療・病院管理学会学術総会: 福岡, 2015年11月5日-6日.

末廣栄一, 山下和人, 藤山雄一, 小泉博靖, 猪飼宏, 鈴木倫保, 今中雄一. 日本における頭部外傷管理における頭蓋内圧測定の現状 ~DPCデータからの解析~(シンポジウム)第74回日本脳神経外科学会学術総会:札幌, 2015年10月14-16日.

林慧茹, 大坪徹也, 佐々木典子, 今中雄一. Prediction of Long-Term Care Expenditure Increase among Elderly with Dementia Using Decision Tree Modeling. 医療経済学会 第10回研究大会: 京都, 2015年9月6日.

上松弘典, 國澤進, 猪飼宏, 今中雄一. 市中肺炎における、入院日数遷延化予測モデルの開発と検証: 医療経済学会 第10回研究大会: 京都, 2015年9月6日.

原広司, 黒木淳, 今中雄一. 地域包括ケアシステムの達成状況と地域性との関連に関する実証的研究. 医療経済学会 第4回若手研究者育成のためのセミナー: 京都, 2015年9月6日.

猪飼宏, 佐々木典子, 今中雄一. 虚血性心疾患・心不全における医療資源利用量の評価とCCPMの考え方. 第79回日本循環器学会学術集会 委員会セッション(健保対策委員会) : 大阪, 2015年4月26日.

末廣栄一, 山下和人, 藤山雄一, 小泉博靖, 猪飼宏, 鈴木倫保, 今中雄一. 重症頭部外傷患者の管理における頭蓋内圧測定の効果 ~DPCデータからの解析~. 第38回日本脳神経外傷学会: 徳島, 2015年3月6日-7日.

末廣栄一, 山下和人, 藤山雄一, 小泉博靖, 猪飼宏, 鈴木倫保, 今中雄一. DPCデータからみた頭部外傷診療における頭蓋内圧センサー留置の影響. 第20回日本脳神経外科救急学会:東京, 2015年1月30日-31日.

猪飼宏, 山下和人, 今中雄一. DPCデータから見た、国内での肝細胞がんの治療における肝動脈化学塞栓術(TACE)使用の現状. 第34回医療情報学連合大会(第15回日本医療情報学会学術大会):千葉, 2014年11月6日-8日.

山下和人, 猪飼宏, 今中雄一. DPCデータから見た、深部静脈血栓症・肺塞栓症の抗凝固療法における薬剤選択の経済的影響. 第34回医療情報学連合大会(第15回日本医療情報学会学術大会): 千葉, 2014年11月6日-8日.

今中雄一. 質の可視化から地域システムの協創へ. 第15回介護保険推進全国サミットinくまもと: 熊本, 2014年10月30日-31日.

佐々木典子, 猪飼宏, 山口直人, 今中雄一. 病院機能評価による認定の有無は、患者アウトカムに影響するか?―急性心不全症例のリスク調整死亡率に関する検討. 第52回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2014年9月13日-14日.

國澤進, 林慧茹, 猪飼宏, 大坪徹也, 佐々木典子, 下妻晃二郎, 今中雄一. 医療・介護レセプトデータによる認知症ケアの把握. 第52回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2014年9月13日-14日.

林慧茹, 山下和人, 佐々木典子, 猪飼宏, 今中雄一. 認知症を考慮した自地域外での介護サービス使用と介護費用の関係の研究. 第52回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2014年9月13日-14日.

上松弘典, 國澤進, 佐々木典子, 猪飼宏, 今中雄一. Administrative Dataを用いた肺炎における最適な死亡予測モデルの構築と評価. 第52回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2014年9月13日-14日.

猪飼宏, 今中雄一. DPC, NDBデータを用いた医療の質の評価. 第52回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2014年9月13日-14日. (抄録:日本医療・病院管理学会誌51Supplement:p25, 2014.)

後藤悦, 大坪徹也, 猪飼宏, 今中雄一. レセプト・ナショナルデータベース(NDB)に基づく入院医療費関連要因の分析:地域格差、保険者格差の検討. 医療経済学会 第9回研究大会: 東京, 2014年9月6日.

林慧茹, 大坪徹也, 今中雄一. The relationship between dementia diagnosis and long-term care expenditures. 医療経済学会 第9回研究大会: 東京, 2014年9月6日.

國澤進, 佐々木典子, 猪飼宏, 今中雄一. アウトカム指標とその実例:QIPにおけるリスク医療の質の指標としてのリスク調整死亡率. 第64回日本病院学会: 高松, 2014年7月3日-4日.

猪飼宏, 佐々木典子, 今中雄一. 伏見清秀. 多軸的なCCPに基づく新たなDPC分類構築方法の開発 -心不全ならびに関連心疾患における検討-. 第17回日本心不全学会学術集会: 埼玉, 2013年11月28日-30日.

小林大介, 大坪徹也, 今中雄一. 入院患者移動に基づく県境を越えうる疾病別医療圏の分析:レセプトのナショナルデータベースを用いて. 第33回医療情報学連合大会(第14回日本医療情報学会学術大会): 神戸, 2013年11月21日-23日.

後藤悦, 大坪徹也, 今中雄一. 補助金の減少が市町村国保の保険料に及ぼす影響のシミュレーション. 第33回医療情報学連合大会(第14回日本医療情報学会学術大会): 神戸, 2013年11月21日-23日.

佐々木典子, 國澤進, 猪飼宏, 今中雄一. 肺動脈性肺高血圧症の症例数に応じた施設群間処方パターンの相違―DPCデータを用いた稀少疾患医療提供内容分析. 第33回医療情報学連合大会(第14回日本医療情報学会学術大会): 神戸, 2013年11月21日-23日.

猪飼宏, 朴声哲, 今中雄一. 我が国の滲出型加齢黄斑変性症治療の現状分析. 第72回日本公衆衛生学会総会: 三重, 2013年10月23日-25日.

國澤進, 山下和人, 猪飼宏, 今中雄一. DPCデータを用いた、肝細胞癌・大腸癌の治療解析~化学療法レジメン解析・生存解析~. 第72回日本公衆衛生学会総会: 三重, 2013年10月23日-25日.

猪飼宏, 大坪徹也, 今中雄一. 全国網羅的なレセプト情報の有効活用に資するデータベース基盤の課題と設計. 第51回日本医療・病院管理学会学術総会: 京都, 2013年9月27日-28日.

猪飼宏, 今中雄一. DPCの意義と活用の展開. 第51回日本医療・病院管理学会学術総会: 京都, 2013年9月27日-28日.

猪飼宏. (ランチョンセミナー)事例紹介:医療ビッグデータの高速処理 SQL Server 2012とSSD Storageを中心に. 第51回日本医療・病院管理学会学術総会: 京都, 2013年9月27日-28日.

大坪徹也, 國澤進, 森島敏隆, 佐々木典子, 今中雄一. 脳梗塞患者集団における機能別医療・介護資源消費推移の可視化. 第51回日本医療・病院管理学会学術総会: 京都, 2013年9月27日-28日.

國澤進, 山下和人, 猪飼宏, 今中雄一. Administrative Dataを用いた肺癌術後生存解析 ~DPCデータの潜在的可能性~. 第51回日本医療・病院管理学会学術総会: 京都, 2013年9月27日-28日.

森島敏隆, 田中将之, 宇川直人, 猪飼宏, 今中雄一. 在院日数が短い病院では医療従事者の業務負担感が大きいのか?―多施設大規模質問紙調査とDPCデータの解析―. 第51回日本医療・病院管理学会学術総会: 京都, 2013年9月27日-28日.

佐々木典子, 國澤進, 猪飼宏, 今中雄一. DPCにおける多軸的なCCPに基づく分類構築方法の開発―循環器疾患(急性心不全・不整脈・弁膜症)における検討. 第51回日本医療・病院管理学会学術総会: 京都, 2013年9月27日-28日.

落合英伸, 大坪徹也, 猪飼宏, 今中雄一. 外来患者における抗精神病薬大量処方の関連因子. 第51回日本医療・病院管理学会学術総会: 京都, 2013年9月27日-28日.

宇川直人, 田中将之, 今中雄一. 組織文化と職務、病院特性の関係に関するマルチレベル分析. 第51回日本医療・病院管理学会学術総会: 京都, 2013年9月27日-28日.

森島敏隆, 田中将之, 宇川直人, 猪飼宏, 今中雄一. Organizational culture and its relationship with hospital management: a multicenter questionnaire survey and administrative data. 医療経済学会 第8回研究大会: 東京, 2013年9月7日.

山下和人, 猪飼宏, 今中雄一. ICU入室患者の入院医療費に影響を与える因子についての検討. 医療経済学会 第8回研究大会: 東京, 2013年9月7日.

佐々木典子, 國澤進, 猪飼宏, 今中雄一. 急性心不全症例における院内死亡率と入院医療費の決定要因の相違. 医療経済学会 第8回研究大会: 東京, 2013年9月7日.

朴声哲, 佐々木典子, 森島敏隆, 猪飼宏, 今中雄一. The number of cardiologists, case volume and in-hospital mortality for acute myocardial infarction. 医療経済学会 第8回研究大会: 東京, 2013年9月7日.

宇川直人, 田中将之, 今中雄一. 組織文化と抗菌薬使用に関する医療の質、病院特性の関係についての考察. 医療経済学会 第8回研究大会: 東京, 2013年9月7日.

猪飼宏, 今中雄一. 急性期病院における肺高血圧症薬物治療の現状. 第83回日本衛生学会学術総会: 金沢, 2013年3月24日-26日.

猪飼宏, 田村宏, 今中雄一. 我が国の滲出型加齢黄斑変性症治療の現状. 第83回日本衛生学会学術総会: 金沢, 2013年3月24日-26日.

落合英伸, 大坪徹也, 猪飼宏, 今中雄一. 京都府国民健康保険および後期高齢者医療保険外来レセプトデータを用いた向精神薬処方の現状分析. 第32回日本社会精神医学会: 熊本, 2013年3月7日-8日.

猪飼宏, Briere Jean-Baptiste, 今中雄一. 急性期医療機関の非弁膜症性心房細動患者における心血管イベント予防の現状と主要疾患発生リスク. 第32回医療情報学連合大会(第13回日本医療情報学会学術大会):新潟, 2012年11月15日-17日.

大坪徹也, 森島敏隆, 佐々木典子, Jason Lee, 今中雄一. 脳梗塞における入院機能別コストテーブルの開発:医療資源消費把握におけるポピュレーションアプローチ. 第32回医療情報学連合大会(第13回日本医療情報学会学術大会):新潟, 2012年11月15日-17日.

猪飼宏, 大坪徹也. 医師の男女別・専門別の地域分布の実態と影響. 日本医療・病院管理学会第309回例会: 京都, 2012年11月7日.

大坪徹也, 今中雄一. 保健医療計画とデータ活用(2). 平成24年度 公衆衛生活動の遂行能力向上セミナー: 山口, 2012年10月26日.

大坪徹也,中田祐広,後藤悦,福田吉治,今中雄一. 医療計画に向けた臨床・行政・大学の協同によるエビデンス構築-山口県萩の事例-. 第71回日本公衆衛生学会総会: 山口, 2012年10月24日-26日.

佐々木典子, 國澤進, 大坪徹也, 猪飼宏, 今中雄一. 急性心不全患者の院内死亡予測モデル開発とリスク調整死亡率の病院間比較. 第50回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2012年10月18日-19日.

森島敏隆, 大坪徹也, 今中雄一. 在宅医療が癌患者の終末期医療費に与える影響の検証―京都府の診療報酬明細書データベースを用いた実証研究―. 第50回日本医療・病院管理学会学術総会:東京, 2012年10月18-19日.

朴声哲, 大坪徹也, 今中雄一. 糖尿病管理ターゲット集団の進行度に基づく地域プロファイリング. 第50回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2012年10月18日-19日.

大坪徹也, 國澤進, 佐々木典子, 森島敏隆, 今中雄一. 脳梗塞患者集団における機能別医療資源消費推移の可視化. 第50回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2012年10月18日-19日.

田中将之, Park Sungchul, 森島敏隆, 猪飼宏, 今中雄一. 病院人材の職場への定着意欲と組織文化との関連.第50回日本医療・病院管理学会: 東京, 2012年10月18日-19日.

ジェイスン・リー, 森島敏隆, 大坪徹也, 猪飼宏, 今中雄一. Regional Variations in Spending and Quality in Ischemic Stroke Patients. 医療経済学会 第7回研究大会: 横浜, 2012年7月21日.

森島敏隆, Jason Lee, 大坪徹也, 猪飼宏, 今中雄一. Impact of hospital case volume on quality of end-of-life care among cancer patients: a cross-sectional study using claims data. 医療経済学会 第7回研究大会: 横浜, 2012年7月21日.

小林大介, 大坪徹也, 今中雄一. 拠点病院への患者の集中がアクセス時間とその不平等に及ぼす影響の評価. 医療経済学会 第7回研究大会: 横浜, 2012年7月21日.

Sungchul Park, Jason Lee, 猪飼宏, 大坪徹也, 宇川直人, 今中雄一. Quality of Care and Hospital Spending in Acute Myocardial Infarction: Evidence from Japan. 医療経済学会 第7回研究大会: 横浜, 2012年7月21日.

小林大介, 大坪徹也, 今中雄一. 病院の拠点化・集中化がアクセス時間やその公正に及ぼす影響. 第82回日本衛生学会学術総会: 京都, 2012年3月24日-26日.

松永京子, 大坪徹也, 猪飼宏, 今中雄一. 診療報酬から見た病院薬剤師の業務量:その可能性と課題. 第82回日本衛生学会学術総会: 京都, 2012年3月24日-26日.

國澤進, ジェイスン・リー, 大坪徹也, 猪飼宏, 今中雄一. ジェネリック医薬品の使用状況解析―新しい指標の提案. 第82回日本衛生学会学術総会: 京都, 2012年3月24日-26日.

大坪徹也, 今中雄一. 医療・介護システムの評価と計画―京都府あんしん医療制度プロジェクトの成果と可能性. 第82回日本衛生学会学術総会 シンポジウム (健康経済研究会) 「データに基づく医療政策・計画:最前線と将来展開」: 京都, 2012年3月24日-26日.

佐々木典子, 國澤進, 猪飼宏, 今中雄一. Clinical Profiles of Hospitalized Acute Heart Failure Patients Using DPC Administrative Database. 第76回日本循環器学会学術集会: 福岡, 2012年3月16日-18日.

本橋隆子. 日本理学療法士協会「提案型管理者育成を目指したワークショップ」:東京, 2012年2月11日-12日.

小林大介, 大坪徹也, 今中雄一. 疾病別患者移動時間分析から見た医療提供体制の地域差. 第31回 医療情報学連合大会 (第12回日本医療情報学会学術大会) : 鹿児島, 2011年11月21日-23日.

田中将之, 宇川直人, 大坪徹也, 猪飼宏, 今中雄一. 病院組織文化と患者満足度との関連:多施設ベンチマーキング・データに基づく解析. 第31回 医療情報学連合大会 (第12回日本医療情報学会学術大会) : 鹿児島, 2011年11月21日-23日.

宇川直人, 猪飼宏, 今中雄一. 急性心筋梗塞・心不全における臨床指標値の経年的変化の多施設分析. 第31回 医療情報学連合大会 (第12回日本医療情報学会学術大会) : 鹿児島, 2011年11月21日-23日.

濱田啓義, 猪飼宏, 今中雄一. 急性期病院における漢方製剤の処方状況に関する検討. 第31回 医療情報学連合大会 (第12回日本医療情報学会学術大会) : 鹿児島, 2011年11月21日-23日.

宇川直人, 大坪徹也, 今中雄一. 都道府県別歯科医師数が歯科医療費に及ぼす影響の検討. 第70回日本公衆衛生学会総会: 秋田, 2011年10月19日-21日.

森島敏隆, 猪飼宏, 今中雄一. Cost-effectiveness analysis of omalizumab for the treatment of severe asthma: results from a randomized controlled trial in Japan and the value of responder prediction methods. 医療経済学会 第6回研究大会: 東京, 2011年9月19日.

Sungchul ParkJason Lee宇川直人國澤進大坪徹也猪飼宏今中雄一. 急性心筋梗塞診療の質と病院の競合状態および症例数との関係. 医療経済学会 第6回研究大会: 東京, 2011年9月19日.

國澤進, 猪飼宏, 今中雄一. 平均在院日数を用いた病院の効率性を表す指数の検討. 第49回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2011年8月20日-21日.

宇川直人, 猪飼宏, 今中雄一. 臨床指標の公表・非公表に関する病院特性の検討. 第49回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2011年8月20日-21日.

濱田啓義, 関本美穂, 今中雄一. 安川文朗. 時間外受診、高度医療機関受診に関するWTP調査. 第49回 日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2011年8月20日-21日.

今中雄一. 猪飼宏. 医療の質の評価・公表推進に係わるDPCデータの可能性と課題. 第61回日本病院学会: 東京, 2011年7月14日-7月15日.

大坪徹也, 今中雄一. ジェイスン・リー, 森島敏隆. 医療療養病床における利用実態の把握と必要病床数の推計方法に関する検討. 第19回日本慢性期医療学会札幌大会: 札幌, 2011年6月30日-7月1日.

大隈和英, 関本美穂, 今中雄一. 2004年から2009年における,わが国の急性胆管炎の診療パターンの変化についての検証~DPCデータを用いた,診療ガイドライン刊行前後の急性胆管炎の診療形態の変化~. 第111回日本外科学会総会: 東京, 2011年5月26日-28日. (震災のために総会中止。抄録のみの誌上開催。)

梅垣岳志, 今中雄一. 集中治療医が影響を及ぼす診療プロセスについての検討. 第38回日本集中治療医学会学術集会: 横浜, 2011年2月24日-26日. (抄録: 日本集中治療医学会雑誌 18 Supplement: p354, 2011)

小林大介大坪徹也後藤悦森島敏隆濱田啓義今中雄一. 患者移動分析に基づく疾病別医療圏の考察. 第30回医療情報学連合大会(第11回日本医療情報学会学術大会): 浜松,2010年11月20日.

森島敏隆, 今中雄一. レセプトから見た非小細胞肺癌(NSCLC)の1st line化学療法のレジメンの実施割合. 第51回日本肺癌学会総会:広島, 2010年11月3-4日. 1.(抄録: 第51回日本肺癌学会号: p616, 2010)

大坪徹也, 今中雄一. 急性期循環器系疾患における診療圏から医療圏への接近. 第48回日本医療・病院管理学会学術総会: 広島, 2010年10月15日-16日.

猪飼宏. DPCデータを地域医療計画にどう活かすか 医療技術普及の地域間格差. 第48回日本医療・病院管理学会総会: 広島, 2010年10月15日. (抄録:日本医療・病院管理学会誌(1882-594X)47巻Suppl. Page65(2010.09) )

本橋隆子関本美穂今中雄一. 急性期病院における脳梗塞患者の転院割合に関連する診療提供体制と地域の医療・介護資源の検討. 第48回日本医療・病院管理学会学術総会: 広島,2010年10月15-16日

宇川直人猪飼宏Jason Lee國澤進今中雄一. 周術期の予防的抗菌薬投与日数に関する手術領域別・多施設横断的分析. 第48回日本医療・病院管理学会学術総会: 広島,2010年10月15-16日.

後藤悦, 大坪徹也, 濱田啓義, 森島敏隆, 小林大介, 今中雄一. 国民健康保険世帯保険料の将来推計. 第50回 全国国保地域医療学会: 京都, 2010年10月8日.

田中将之, 猪飼宏, 今中雄一. 手術室運営における効率性に関する評価指標の検討. 第32回日本手術医学会総会: 横浜, 2010年10月1日-2日.

猪飼宏, 大坪徹也, 林田賢史, 今中雄一. 心不全診療における費用の構造 入院DPCデータを用いた原価計算から分かること. 第58回日本心臓病学会学術集会: 東京, 2010年9月17日. (抄録: 日本心臓病学会誌(1882-4501)2巻Suppl.I Page111(2010.08) )

ジェイスン・リー, 今中雄一. 関本美穂, 西川治央, 猪飼宏, 本橋隆子, The QIP Expert Group for Clinical Evaluation. Validating a post-operative infection identification method for multi-institutional comparisons. 医療経済学会 第5回研究大会: 東京, 2010年7月10日.

福田治久, 大隈和英, 今中雄一. 腹部大動脈瘤切除術の集積と在院日数の関連性に関する検討. 医療経済学会第5回研究大会: 東京, 2010年7月10日.

佐々木弘真, 大坪徹也, 今中雄一. 二次医療圏における小児科医増減の要因分析. 医療経済学会 第5回研究大会: 東京, 2010年7月10日.

大坪徹也, 今中雄一. 救急車搬送時間における地域差に関する要因の分析. 医療経済学会 第5回研究大会: 東京, 2010年7月10日.

梅垣岳志, 関本美穂, 今中雄一. 集中治療室の組織モデルに基づく診療プロセス・アウトカムの検討(Impact of Intensive Care organization on Care Processes and Outcomes of Patients with Severe Sepsis). 日本麻酔科学会 第57回学術集会: 福岡, 2010年6月3日-5日.

梅垣岳志, 関本美穂, 林田賢史, 今中雄一. An Outcome Prediction Model for Adult Intensive Care. 第37回日本集中治療医学会学術集会: 広島, 2010年3月4日-6日. (抄録:日本集中治療医学会雑誌 17 Supplement:p332, 2010)

今中雄一. ヘルスサービス研究. 国際疫学会西太平洋地域学術会議 兼 第20 回日本疫学会学術総会: 埼玉, 2010年1月10日.

猪飼宏. インフルエンザ予防接種の費用対効果分析にまつわる方法論的課題. 第29回医療情報学連合大会: 広島, 2009年11月21日-25日.

村上玄樹, 林田賢史, 今中雄一. 王紅兵, 烏帽子田彰. 韓国における診療報酬審査制度の現状と課題について 第1報. 第68回日本公衆衛生学会総会: 奈良, 2009年10月21日-23日.

烏帽子田彰, 村上玄樹, 林田賢史, 今中雄一. 韓国における診療報酬審査制度の現状と課題について 第2報. 第68回日本公衆衛生学会総会: 奈良, 2009年10月21日-23日.

今中雄一. 村上玄樹, 林田賢史, 烏帽子田彰. 韓国における診療報酬審査制度の現状と課題について 第3報. 第68回日本公衆衛生学会総会: 奈良, 2009年10月21日-23日.

福田治久大隈和英今中雄一. 腹部・胸部大動脈瘤切除術における施設別手術件数と術後アウトカムの関連性. 第47回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2009年10月17日-18日.

大坪徹也, 今中雄一. 松田晋哉. 主要診断群からみた救急医療における入院患者の収益性の実態. 第47回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2009年10月17日-18日.

濱田啓義, 猪飼宏, 関本美穂, 今中雄一. 妊娠・分娩にかかる個人および社会全体の費用の検討. 第47回日本医療・病院管理学会学術総会: 東京, 2009年10月17日-18日.

田中将之, 関本美穂, 今中雄一. 手術室運営評価モデルを用いた多施設間比較. 第31回 日本手術医学会: 東京, 2009年10月16日-17日.

田中将之, 足立峻吾, 濱田啓義, 猪飼宏, 林田賢史, 今中雄一. 日米の医療マネジメントの内容と方法の比較. 第41回日本医学教育学会: 大阪, 2009年7月24日.

関本美穂, 今中雄一. 終末期における入院医療:疾患・診療パターンと医療費. 医療経済学会総会・第4回研究大会: 東京, 2009年7月18日.

ジェイスン・リー, 今中雄一. 関本美穂, 林田賢史, 猪飼宏. 日本の40病院における脳梗塞患者の医療関連感染について -発生率とリスク調整アウトカム. 医療経済学会総会・第4回研究大会: 東京, 2009年7月18日.

本橋隆子, 関本美穂, 今中雄一. 高齢者における大腿骨頚部骨折の在院日数に及ぼす因子―QIPデータを用いた解析―. 第44回日本理学療法学術大会: 東京, 2009年5月28日-30日.

大隈和英, 福田治久, 関本美穂, 猪飼宏, 濱田啓義, 今中雄一. DPCに基づく包括支払い制度導入後の乳癌治療への影響と変化. 第109回日本外科学会学術集会総会: 福岡, 2009年04月04日. (抄録:日本外科学会雑誌 Vol.110 Supplement: p327, 2009)

本橋隆子, 関本美穂, 今中雄一. 脳梗塞患者の在院日数に及ぼす因子─QIP(Quality Indicator/Improvement Project)データを用いた解析─. 第34回日本脳卒中学会総会: 松江, 2009年3月20日.

関本美穂, 今中雄一. 急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン:ガイドラインが診療に与える効果の検証について. 第45回日本腹部救急医学会総会: 東京, 2009年3月12日.

関本美穂, 今中雄一. 大規模個票データを用いた診療パターンの分析. 「大規模個票データを使った医療データの分析・統計分析手法」に関する国際シンポジュウム: 東京, 2009年3月4日.

福田治久, Jason Lee, 今中雄一. 病院感染による追加的コスト推定値の透明性・正確性に関する評価. 第24回環境感染学会: 2009年2月27-28日; 横浜. (抄録:環境感染誌 24Supplement:p382, 2009.)

関本美穂, 梅垣岳志, 今中雄一. Closed ICUとOpen ICU ―その定義とICUの診療体制が診療プロセス・患者アウトカム・医療資源消費に与える影響について. 第36回日本集中医療医学会学術集会: 大阪, 2009年2月26日-28日.(抄録: 日本集中治療医学会雑誌 16 Supplement: p192, 2009)

梅垣岳志, 関本美穂, 猪飼宏, 今中雄一. 多施設DPCデータに基づくDIC治療の現状. 第36回日本集中治療医学会学術集会: 大阪, 2009年2月26日-28日.(抄録: 日本集中治療医学会雑誌 16 Supplement: p219, 2009)

猪飼宏, 大坪徹也, Jason Lee, 林田賢史, 今中雄一. 年代別に見たインフルエンザ予防接種への公費補助に関する費用分析. 第28回医療情報学連合大会: 横浜, 2008年11月23日. (抄録:医療情報学 28Suppl:p1427-30, 2008)

福田治久, 今中雄一. 医療安全のための職員研修の実施状況と医療安全専従者の配置状況の関連性. 第3回医療の質・安全学会: 東京, 2008年11月22-24日.

今中雄一. 林田賢史, 松田晋哉. DPCデータを用いた病院評価 -包括支払い方式下での医療の原価の実態-. 第46回日本医療・病院管理学会学術総会: 静岡, 2008年11月15-16日.(抄録:病院管理 45Supplement:p189, 2008.)

林田賢史, 今中雄一. 松田晋哉. DPCデータを用いた病院評価 -集中治療室(ICU)の利用患者属性とパフォーマンスに関する研究-. 第46回日本医療・病院管理学会学術総会: 静岡, 2008年11月15-16日.(抄録:病院管理45Supplement:p191, 2008.)

大坪徹也, 林田賢史, 今中雄一. 病院収支に及ぼす医師の勤務継続性の影響. 第46回日本医療・病院管理学会学術総会: 静岡, 2008年11月15-16日.(抄録:病院管理 45Supplement:p101, 2008.)

村上玄樹, 伊藤岳之, 佐々木恵, 林田賢史, 今中雄一. 病院安全文化の構造モデルの職種別分析. 第46回日本医療・病院管理学会学術総会: 静岡, 2008年11月15-16日. (抄録:日本医療・病院管理学会誌 45Supplement:p90, 2008.)

福田治久, 大隈和英, 今中雄一. 乳房温存術後放射線治療の診療パターン:外来および入院医療に関する多施設横断研究. 第46回日本医療・病院管理学会: 静岡, 2008年11月15-16日. (抄録:日本医療・病院管理学会誌 45Supplement:p102, 2008.)

猪飼宏, 関本美穂, 今中雄一. DPCデータに基づく成人市中肺炎診療の病院間比較. 第46回日本医療・病院管理学会学術総会: 静岡, 2008年11月15日. (抄録:日本医療・病院管理学会誌 45Supplement:p132, 2008)

村上玄樹, 今中雄一. 林田賢史, 石崎達郎. 国保加入者における健診結果と5年後医療費との関係. 第67回日本公衆衛生学会学術総会: 福岡, 2008年11月5-7日. (抄録:日本公衆衛生雑誌 Vol.55 No.10特別附録:p371, 2008.)

大坪徹也, 林田賢史, 今中雄一. 全国自治体病院における医師の継続勤務率の分析. 第47回全国自治体病院学会: 福井, 2008年10月16-17日.(抄録:第47回全国自治体病院学会抄録http://www.soubundo.jp/hospital/speech/f/016.html)

ジェイスン・リー今中雄一. 関本美穂石崎達郎林田賢史猪飼宏大坪徹也  Risk-adjusted increases in medical resource utilization associated with healthcare-acquired infections in gastrectomy patients. 第3回医療経済学会: 京都, 2008年7月19日.

後藤悦, 大坪徹也, 今中雄一. 二次医療圏の老人医療と社会経済因子との関係. 第3回医療経済学会: 京都, 2008年7月19日.

福田治久, 今中雄一. 院内医療安全システムの維持・確保に向けた予防・評価コストの関連要因. 第3回医療経済学会: 京都, 2008年7月19日.

佐々木弘真, 今中雄一. 関本美穂, 大坪徹也. 医師労働市場についての考察:「医師の分布は制御可能か」. 第3回医療経済学会: 京都, 2008年7月19日.

山田剛, 今中雄一. 産業連関分析を用いた医療の経済波及効果の推計. 第3回医療経済学会: 京都, 2008年7月19日.

関本美穂, 今中雄一. Comparing quality of care and medical resource utilization before and after implementation of DPC (Diagnosis Procedure Combination)-based perdiem payment system in Japan. 第3回医療経済学会: 京都, 2008年7月19日.

福田治久, 今中雄一. 廣瀬昌博, 林田賢史. 病院感染対策専従者の配置が対策活動の普及に与えるインパクトの推定. 第23回環境感染学会: 長崎, p.201:2008年2月22-23日.

白井貴子, 関本美穂, 石崎達郎, 今中雄一. QIP Ovarian Cancer Expert Group. 卵巣癌初回化学療法の治療パターンの分析. 第44回日本婦人科腫瘍学会: 名古屋, 2008年7月17-19日. (抄録:日本婦人科腫瘍学会雑誌 26巻3号 p 267, 2008.)

関本美穂, 今中雄一. 病院感染管理におけるインフラストラクチャー・活動度・パフォーマンスの関係. 第2回横幹連合コンファレンス: 京都, 2007年11月29-30日.

林田賢史. 集中治療室(ICU)の診療体制と診療パフォーマンス.(「岐路に立つ医療-「崩壊」から再建へ」< 第二部> 質と安全確保のために、医療業務体制と労働環境はいかにあるべきか). 医療の質・安全学会第2回学術集会: 東京, 2007年11月23-25日.

福田治久, 廣瀬昌博, 林田賢史, 今中雄一. 臨床研修病院における医療安全活動の展開. 医療の質・安全学会第2回学術集会: 東京, p.145; 2007年11月23-25日.

福田治久, 廣瀬昌博, 林田賢史, 今中雄一. インシデント報告運用システムが報告件数に及ぼす効果. 医療の質・安全学会第2回学術集会: 東京, p.125; 2007年11月23-25日.

村上玄樹, 小伏寛枝, 後藤悦, 佐々木恵, 林田賢史, 今中雄一. 病院安全文化の構造モデルの分析. 第2回医療の質・安全学会: 東京, 2007年11月23-25日.

今中雄一. 福田治久, 廣瀬昌博, 林田賢史. 安全管理および感染制御に要するコスト:全国大規模研究. 第45回日本病院管理学会学術総会: 横浜, 2007年10月25-26日. (抄録:病院管理 44Supplement:p172, 2007.)

林田賢史, 今中雄一. 桑原一彰, 他. 集中治療室(ICU)の機能評価に関する検討-患者重症度の施設間バラツキの分析-. 第45回日本病院管理学会学術総会: 横浜, 2007年10月25-26日. (抄録:病院管理 44Supplement:p79, 2007.)

村上玄樹, 小伏寛枝, 佐々木恵, 林田賢史, 今中雄一. 入院満足度、患者特性および重要感の関係. 第45回日本病院管理学会学術総会: 横浜, 2007年10月25-26日. (抄録:病院管理 44Supplement:p97, 2007.)

福田治久, 今中雄一. 廣瀬昌博, 林田賢史. 安全管理活動の投入資源に関連する施設要因の検証. 第45回日本病院管理学会学術総会: 横浜, 2007年10月25-26日. (抄録:病院管理 44Supplement:p169, 2007.)

大坪徹也, 林田賢史, 今中雄一. 都道府県別高額医療機器の需給バランスと導入傾向に関する一考察. 第45回日本病院管理学会学術総会: 横浜, 2007年10月25-26日. (抄録:病院管理 44Supplement:p216, 2007.)

勅使河原弘美, 氏縄優子, 清水厚子, 石崎達郎, 林田賢史, 今中雄一. 長浜市個別健康支援プログラム「ながはまメタボリックやっつけ隊!」の取り組み 1.事業の概要と参加継続率.第66回日本公衆衛生学会: 松山, 2007年10月24-26日.

氏縄優子, 勅使河原弘美, 清水厚子, 石崎達郎, 林田賢史, 今中雄一. 長浜市個別健康支援プログラムの取り組み 2.プログラム実施前後の検査値の変化. 第66回日本公衆衛生学会: 松山, 2007年10月24-26日.

大坪徹也, 林田賢史, 今中雄一. 自治体病院のパネルデータを用いた財務管理効果の検証. 第2回医療経済学会: 学習院大学, 2007年7月21日.

石崎達郎, 吉田英世, 鈴木隆雄, 今中雄一. 主観的健康度の加齢変化;縦断データ分析による検討.第49回日本老年社会科学会大会: 札幌, 2007年6月20-22日.

林田賢史. 診断群分類の原価把握とそれに伴う収支分析、業務量分析、機能評価. (「DPCで何が見えるのか」). 第11回日本医療情報学会春季学術大会: 大阪, 2007年6月15-16日.

川崎一良, 関本美穂, 石崎達郎, 今中雄一. 日本の麻酔科医業務状況に関する調査(第2報). 日本麻酔科学会第54回学術集会: 札幌, 2007年5月31-6月2日.

関本美穂. 重症急性膵炎の臨床研究にまつわる諸問題. 第107回日本外科学会学術集会: 大阪, 2007年4月11-13日.

関本美穂. 改訂された「急性膵炎の診療ガイドライン」 ガイドライン再版に向けて: ガイドラインの持つ意味. 第43回腹部救急医学会総会: 横浜, 2007年3月8-9日.(抄録:日本腹部救急医学会雑誌27巻2号 Page 256)

今中雄一. 小児医療費の問題点と提言. 第1回日本小児医療政策研究会: 東京, 2007年2月17日.

小伏寛枝, 村上玄樹, 今中雄一. 仕事の負担感の差異による安全文化と医療安全確保の取り組み状況の関連. 第1回医療の質・安全学会: 東京, 2006年11月23-24日.

村上玄樹, 小伏寛枝, 今中雄一. 患者による病院医療評価の関連要因に関する研究. 第1回医療の質・安全学会: 東京, 2006年11月23-24日.

福田治久, 小伏寛枝, 村上玄樹, 林田賢史, 今中雄一. 説明と同意および記録作成に要するコストの推計: 患者本位の医療の基盤整備に向けて. 第1回医療の質・安全学会, 東京, 2006年11月23-24日.

今中雄一. 原価を推計できるクリニカルパス・デザイン・システム. 第7回日本クリニカルパス学会: 熊本, 2006年11月17-18日.

石崎達郎, 今中雄一. 入院患者の医療資源消費に関する研究. 第65回日本公衆衛生学会: 富山, 2006年10月25-27日.

白井貴子, 関本美穂, 石崎達郎, 今中雄一. 卵巣癌入院TJ療法における診療プロセスの施設間比較.第44回日本癌治療学会: 東京, 2006年10月18日-20日.

今中雄一. 福田治久, 林田賢史. 医療安全(安全管理・感染制御)対策に係るコスト把握のためのフレームワークの構築. 第44回日本病院管理学会: 名古屋, 2006年10月19-20日. (抄録:病院管理 43Supplement:p120, 2006.)

林田賢史, 今中雄一. 桑原一彰, 松田晋哉, 橋本英樹, 堀口裕正, 伏見清秀, 石川光一, 阿南誠. 診断群分類を活用した多施設の診療のパフォーマンス指標(臨床評価指標)に関する研究. 第44回日本病院管理学会: 名古屋, 2006年10月19-20日. (抄録:病院管理 43Supplement:p85, 2006.)

村上玄樹, 小伏寛枝, 今中雄一. 入院患者の医師、看護師への要望と患者満足度との関係. 第44回日本病院管理学会: 名古屋, 2006年10月19-20日. (抄録:病院管理43Supplement:p187, 2006.)

小伏寛枝, 村上玄樹, 今中雄一. 病院組織の安全文化の評価および医療安全確保の取組み状況との関連. 第44回日本病院管理学会: 名古屋, 2006年10月19-20日. (抄録:病院管理 43Supplement:p115, 2006.)

福田治久, 林田賢史. 今中雄一. 医療安全(安全管理・感染制御)対策に係るコスト分析: 多施設横断研究. 第44回日本病院管理学会: 名古屋, 2006年10月19-20日. (抄録:病院管理 43Supplement:p119, 2006.)

堀口裕正, 橋本英樹, 阿南誠, 桑原一彰, 今中雄一. 林田賢史, 石川光一, 伏見清秀, 松田晋哉. 診断群分類支払い制度下における資源病名と処置の組み合わせについての分析. 第44回日本病院管理学会学術総会: 名古屋, 2006年10月19-20日. (抄録:病院管理43Supplement:p81, 2006.)

橋本英樹, 堀口裕正, 石川光一, 伏見清秀, 桑原一彰, 林田賢史, 阿南誠, 今中雄一. 松田晋哉. 日本版診断群分類支払い制度下での病院機能の変化. 第44回日本病院管理学会学術総会: 名古屋, 2006年10月19-20日. (抄録:病院管理 43Supplement:p154, 2006.)

山口亜弓, 辻典明, 関本美穂, 三原華子, 今中雄一. 土屋了介, 坪井栄孝. 各医療機関におけるがん診療提供体制の実態.第44回日本病院管理学会学術総会: 名古屋, 2006年10月19-20日. (抄録:病院管理 43Supplement:p204, 2006.)

石川光一, 伏見清秀, 橋本英樹, 堀口裕正, 桑原一彰, 林田賢史, 今中雄一. 阿南誠, 松田晋哉. 診断群分類の持つ医療管理学的特徴を可視化する手法に関する研究. 第44回日本病院管理学会学術総会: 名古屋, 2006年10月19-20日. (抄録:病院管理 43Supplement:p236, 2006.)

松田晋哉, 石川光一, 伏見清秀, 橋本英樹, 堀口裕正, 桑原一彰, 今中雄一. 林田賢史, 阿南誠. DPCを活用した臨床研究の可能性に関する検討. 第44回日本病院管理学会学術総会: 名古屋, 2006年10月19-20日. (抄録:病院管理 43Supplement:p237, 2006.)

伏見清秀, 石川光一, 橋本英樹, 堀口裕正, 今中雄一.桑原一彰, 林田賢史, 松田晋哉. DPCを利用した地域医療の評価:地域疾病構造と医療機能の可視化. 第44回日本病院管理学会学術総会: 名古屋, 2006年10月19-20日. (抄録:病院管理 43Supplement:p239, 2006.)

林田賢史. 医療安全のコストとエビデンス. 第104回日本社会情報学会 定例研究会: 東京, 2006年7月15日.

川崎一良, 関本美穂, 石崎達郎, 今中雄一. 日本の麻酔科医業務状況に関する調査(第1報). 日本麻酔科学会第53回学術集会: 神戸, 2006年6月1-3日.

関本美穂, 今中雄一. 高田忠敬, 吉田雅博, 真弓俊彦, 平田公一, 広田昌彦, 木村康利, 川原田嘉文, 小泉勝, 伊佐地秀司, 武田和憲: 「急性膵炎診療のガイドライン」をめぐって EBMとエビデンスに基づいた診療ガイドライン.第37回日本膵臓学会大会: 横浜, 2006年6月29-30日.

関本美穂, 今中雄一. 下肢および下腹部手術における麻酔法選択と患者アウトカムの病院間比較. 日本麻酔科学会第53回学術集会: 神戸, 2006年6月1-3日.

関本美穂,三浦文彦(座長). パネルディスカッション「高齢者胆道炎に対する治療方針」.第42回腹部救急医学会総会: 東京, 2006年3月9-10日.

今中雄一. 病院機能評価における感染制御: 医療の質と経済性のマネジメント. 第21回日本環境感染学会: 東京, 2006年2月24-25日.

今中雄一. 「外科診療におけるDPC/PPSの問題点と今後の対応」実施までの経緯とその目的. 第67回日本臨床外科学会総会. 東京, 2005年11月10日.

一戸真子, 辻典明, 今中雄一. 大道久, 岩崎榮, 橋本廸生, 梅里良正, 上林三郎, 益田啓作, 戸根経夫, 竹内あい, 菅原浩幸, 遠矢雅史, 小伏寛枝, 大貫麻輝江, 馬塚美穂子, 日原亜子. 患者の安心と質の高い療養環境―医療機能評価結果から―. 第43回日本病院管理学会学術総会: 東京, 2005年10月27-28日. (抄録:病院管理 42Supplement:p97, 2005.)

大道久, 矢野真, 米井昭智, 長谷川剛, 橋本廸生, 寺崎仁, 寺井美峰子, 今中雄一. 菅原浩幸, 遠矢雅史. 認定病院からの医療事故報告の受け入れと事故防止に向けた活用について. 第43回日本病院管理学会学術総会: 東京, 2005年10月27-28日. (抄録:病院管理 42Supplement:p140, 2005.)

福田治久, 今中雄一. 院内感染による経済的損失および予防活動に関する費用分析. 第7回医療マネジメント学会学術総会: 福岡, p.210; 2005年6月25日.

石崎達郎, 今中雄一. 呉銀煥. 入院患者の医療資源の消費に関する研究:高齢患者と非高齢患者との比較. 第47回日本老年社会科学会大会: 東京, 2005年6月17日.

石崎達郎.座長 「介護保険・介護サービス」.第47回日本老年社会科学会大会: 東京, 2005年6月15-17日.

関本美穂, 今中雄一. 名郷直樹, 福井次矢, 酒井達也: 急性胆道炎の診療ガイドライン エビデンス評価と推奨度評価,疫学.日本腹部救急医学会雑誌(1340-2242)25巻2号 Page248(2005.02)

石崎達郎.座長 「社会・介護<3>」.第15回日本疫学会学術総会: 大津, 2005年1月21-22日.

三原華子, 福原俊一, J.Albert, R.Pisoni, 秋澤忠男, 秋葉隆, 斎藤明, 浅野泰, F.Port, 黒川清. 「日本の血液透析患者におけるうつ病過少診断の可能性について-DOPPS2より」. 日本疫学会学術総会ポスター発表: 大津, 2005年1月21-22日.

関本美穂,北野信子,石崎達郎今中雄一. なぜ科学的根拠に基づく診療ガイドラインは、医師の診療を変化させることができないのか‐質的研究‐.第11回ヘルスリサーチフォーラム.平成16年11月6日,東京.

石川澄, 大道久, 梅里良正, 寺崎仁, 遠矢雅史, 秋山剛, 阿部眞澄, 今中雄一. 岡田好一, 北村龍彦, 倉部直子, 重田イサ子, 鳥羽克子, 三宅裕子. 医療記録を安全な医療の基盤とすべきではないか―日本医療機能評価機構・認定病院患者安全推進協議会・医療記録部会の考え方―. 第42回日本病院管理学会学術総会: 熊本, 2004年11月5-6日. (抄録:病院管理 41Supplement:p104, 2004.)

寺崎仁, 前田幸宏, 梅里良正, 大道久, 石川澄, 今中雄一.長谷川剛, 遠矢雅史, 伊藤治雄, 横山容子. 認定病院における医療記録の記載の現状と活用状況に関する研究. 第42回日本病院管理学会学術総会: 熊本, 2004年11月5-6日. (抄録:病院管理 41Supplement:p108, 2004.)

一戸真子, 竹内あい, 橋本廸生, 今中雄一. 大道久, 梅里良正, 上林三郎, 益田啓作, 菅原浩幸, 遠矢雅史, 大貫麻輝江, 小伏寛枝, 馬塚美穂子, 日原亜子. 経営組織体としての病院の特徴と医療機能評価. 第42回日本病院管理学会学術総会: 熊本, 2004年11月5-6日. (抄録:病院管理 41Supplement:p121, 2004.)

大道久, 梅里良正, 寺崎仁, 今中雄一. 橋本廸生, 菅原浩幸, 遠矢雅史, 岩崎榮. 認定病院における医療事故の報告と今後の認定の運用について. 第42回日本病院管理学会学術総会: 熊本, 2004年11月5-6日. (抄録:病院管理 41Supplement:p147, 2004.)

遠矢雅史, 大道久, 橋本廸生, 石川澄, 一戸真子, 今中雄一. 梅里良正, 菅原浩幸, 寺井美峰子, 寺崎仁, 長谷川剛, 矢野真, 米井昭智. 認定病院患者安全推進協議会における患者安全推進活動の現況報告―医療用ガスに関する提言を中心に―. 第42回日本病院管理学会学術総会: 熊本, 2004年11月5-6日. (抄録:病院管理 41Supplement:p242, 2004.)

竹内あい, 一戸真子, 伊藤弘人, 今中雄一. 梅里良正, 大道久, 大貫麻輝江, 上林三郎, 菅原浩幸, 鈴木眞弓, 日原亜子, 馬塚美穂子, 橋本廸生. 第42回日本病院管理学会学術総会: 熊本, 2004年11月5-6日. (抄録:病院管理 41Supplement:p260, 2004.)

足立芳子, 廣瀬昌博, 桑原安江, 今中雄一. 職種による患者安全文化の変化に関する研究―インシデントレポート報告制度における管理者意識の重要性―. 第42回日本病院管理学会学術総会: 熊本, 2004年11月5-6日. (抄録:病院管理 41Supplement:p274, 2004.)

廣瀬昌博, 足立芳子, 今中雄一. 桑原安江. 研修医におけるインシデントの要因に関する研究. 第42回日本病院管理学会学術総会: 熊本, 2004年11月5-6日. (抄録:病院管理 41Supplement:p275, 2004.)

廣瀬昌博, 今中雄一. 足立芳子, 桑原安江. 米国退役軍人病院および国立大学病院における患者安全対策に関する比較調査. 第42回日本病院管理学会学術総会: 熊本, 2004年11月5-6日. (抄録:病院管理 41Supplement:p278, 2004.)

桑原一彰. ワークショップ5「救急医療における医療費包括化をめぐる諸問題」.第32回日本救急医学会総会・学術集会: 千葉,2004年10月27日-29日.

名郷直樹, 福井次矢, 酒井達也, 今中雄一. 関本美穂. 胆道炎のEvidenceはあるのか?-既出のガイドライン検討とEvidenceの多寡-.第40回日本胆道学会学術集会: 茨城,2004年9月24日.

今中雄一. 心臓病診療における原価と診療報酬・DPC包括評価.ワークショップ3「変貌する循環器疾患の医療環境:コストパフォーマンスを考える」.第52回日本心臓病学会学術集会:京都, 2004年9月13-15日.

桑原一彰. 包括医療(DPC), 最近の医療制度、今後5年間の見通し.特別企画「消化器外科学会から社会への提言」.第59回日本消化器外科学会総会: 鹿児島,2004年7月21-23日.

今中雄一. 医療安全の組織システム.日本機械学会 ROBOMEC04: 名古屋,2004年6月18日.

石崎達郎, 今中雄一. 木津 稔, 井上彰浩, 杉江進. 外来患者の新型肺炎SARSに関する意識や受療行動に対する情報提供の影響.第14回日本疫学会学術総会: 山形. 2004年1月22-23日.

大道久, 梅里良正, 寺崎仁, 今中雄一. 石川澄, 橋本廸生, 遠矢雅史, 菅原浩幸. 認定病院患者安全推進協議会における医療事故情報の共有. 第41回日本病院管理学会学術総会: 東京, 2003年10月30-31日. (抄録:病院管理 40Supplement:p145, 2003.)

遠矢雅史, 石川澄, 今中雄一. 池内彩, 梅里良正, 狩俣一郎, 上林三郎, 菅原浩幸, 鈴木多門, 寺崎仁, 橋本廸生, 浜田裕二, 林田亜美子, 前田幸宏, 渡部直洋, 大道久. 投薬(与薬)事故防止に関する活動報告~認定病院患者安全推進協議会の活動より~. 第41回日本病院管理学会学術総会: 東京, 2003年10月30-31日. (抄録:病院管理 40Supplement:p154, 2003.)

今中雄一. ホスピス緩和ケア病棟と医療機能評価. 全国ホスピス・緩和ケア病棟連絡協議会2003年度年次大会: 札幌, 2003年7月12日.

今中雄一. 【座長】ワークショップ:日帰り手術が可能な疾患とその問題点.第103回日本外科学会定期学術集会. 札幌, 2003年6月5日.

今中雄一. 医療の質の測定.社団法人日本麻酔科学会議第50回学術集会: 横浜, 2003年5月29日.【基調講演】

今中雄一. 満足度一般-医療の質と経済性における鍵.第5回日本在宅医学会大会: 2003年2月22日.【基調講演】

馬塚美穂子, 一戸真子, 今中雄一. 岩﨑榮, 梅里良正, 大貫麻輝江, 大道久, 小野隆明, 上林三郎, 菅原浩幸, 竹内あい, 遠矢雅史, 橋本廸生. 病院機能評価事業の現況と課題(2001年度). 第40回日本病院管理学会学術総会: 小倉, 2002年11月1-2日. (抄録:病院管理 39Supplement:p166, 2002.)

菅原浩幸, 今中雄一. 一戸真子, 小野隆明, 岩﨑榮, 梅里良正, 大貫麻輝江, 大道久, 上林三郎, 竹内あい, 遠矢雅史, 橋本廸生, 馬塚美穂子. 病院機能評価結果からみる小規模・複合病院の現況と課題. 第40回日本病院管理学会学術総会: 小倉, 2002年11月1-2日. (抄録:病院管理 39Supplement:p167, 2002.)

大道久, 梅里良正, 寺崎仁, 今中雄一. 石川澄, 橋本廸生, 遠矢雅史, 菅原浩幸. 患者安全推進に向けた医療事故関連情報の集積と活用. 第40回日本病院管理学会学術総会: 小倉, 2002年11月1-2日. (抄録:病院管理 39Supplement:p205, 2002.)

遠矢雅史, 石川澄, 今中雄一. 岩田和則, 梅里良正, 上林三郎, 菅原浩幸, 橋本廸生,寺崎仁, 池内彩, 狩俣一郎, 大道久. 認定病院医療事故関連情報提供書の様式と情報管理体制の検討. 第40回日本病院管理学会学術総会: 小倉, 2002年11月1-2日. (抄録:病院管理 39Supplement:p206, 2002.)

廣瀬昌博, 今中雄一. 臨床外科育成のためのマッチングプログラムの必要性. 第64回日本臨床外科学会, 東京, 2002年11月15(13-15)日.

廣瀬昌博, 今中雄一. 卒後臨床研修必修化に向けた消化器病学会(外科会)へ. 第57回日本消化器外科学会, 京都, 2002年7月28-30日.

今中雄一. 患者の安全確保作業部会検討報告と患者の安全の評価について.第5回医療機能評価フォーラム,東京,2002年3月30日

今中雄一. 診療ガイドラインの果たす役割と電子的診療情報の影響.第21回医療情報連合大会(オーガナイズドセッション:情報システムにおける診療ガイドラインの活用),東京,2001年11月26-28日.大会プログラム:p.13

今中雄一. 医療機関の安全確保システム設計.(シンポジウム患者の安全に向けた行動計画)第30回日本医療福祉設備学会,東京,2001年11月7-8日予稿集:p.4

大道久, 梅里良正, 今中雄一. 福田敬, 橋本廸生, 伊藤弘人, 寺崎仁, 長谷川友紀, 菅原浩幸, 遠矢雅史. 病院機能評価における新評価項目体系について. 第39回日本病院管理学会学術総会: 東京, 2001年10月31日-11月1日. (抄録:病院管理 38Supplement:p138, 2001.)

今中雄一. 小伏寛枝, 廣瀬昌博, 遠矢雅史, 小野隆明, 菅原浩幸, 内田卿子, 上林三郎,児玉安司, 武田裕子, 寺崎仁, 冨田信也, 橋本廸生, 梅里良正, 大道久, 伊賀六一. 医療の安全確保と病院機能評価(第1報):評価体系の構築. 第39回日本病院管理学会学術総会: 東京, 2001年10月31日-11月1日. (抄録:病院管理 38Supplement:p139, 2001.)

遠矢雅史, 菅原浩幸, 小野隆明, 伊賀六一, 大道久, 今中雄一. 医療の安全確保と病院機能評価(第Ⅱ報):自己評価調査にみる現状と課題. 第39回日本病院管理学会学術総会: 東京, 2001年10月31日-11月1日. (抄録:病院管理 38Supplement:p147, 2001.)

菅原浩幸, 今中雄一. 小野隆明, 岩崎榮, 梅里良正, 大貫麻輝江, 大道久, 上林三郎,竹内あい, 遠矢雅史, 橋本廸生, 馬塚美穂子. 病院機能評価事業の現況と課題. 第39回日本病院管理学会学術総会: 東京, 2001年10月31日-11月1日. (抄録:病院管理 38Supplement:p150, 2001.)

今中雄一. 医療の情報の標準化.中国・四国部会第42回学術大会講演, 高知, 2001年9月23-24日.日本放射線技術学会中国・四国部会会誌:p.19,2001年12号

今中雄一. クリティカルパスの基本概念と医療における進化(シンポジウム:診療各科におけるクリティカルパスの現状と問題点), 第48回共済医学会,福岡,1999年10月20-21日抄録:共済医報,49(2):p.p.57-60,2000.

▲ページ上部へ移動