入学を考えている方へ

特長

講義、セミナー、研究・開発プロジェクトへの参加など多様な機会を通じ、社会的ニーズの高まる領域について人材育成を行っています。
医療に関する経済学、制度・政策、医療保険制度、診療報酬制度、医療の財源、質・安全とコストのマネジメントなどについて学びながら、必要な研究手法を修得する事ができます。
実践志向の、多領域統合型の分野である、と言えます。

課程

学位に関して三つの課程があります。
○ 博士(医学)
○ 博士(社会健康医学)
○ 社会健康医学修士(専門職)〔いわゆるMPH〕

修了後の活躍の場

これまで、国立大学等の、教授、診療教授、准教授、講師、助教、センター長、国立研究所、政策研究機関、政策金融機関、公的評価機関などの研究者・専門家、実務では、病院長、副院長、常任理事、大学病院長補佐、経営企画室員、コンサルタントなど輩出しています。

オープンキャンパス

毎年4月か5月に社会健康医学系専攻のオープンキャンパスが開かれています。
ぜひご利用ください。

2017年度オープンキャンパス
日時:2017年5月20日(土曜日)
場所:京都大学医学部構内 総合解剖センター1階 基礎第3講堂(アクセス)
概要:例年、午前に全体説明会、午後に各分野研究室にて分野別説明会や個別相談が行われています。

日時:2017年4月22日(土曜日)
場所:京都大学東京オフィス(アクセス)

詳細:社会健康医学系専攻Webページ