QIP



In collaboration with Minds
Minds
 
In collaboration with JANIS
JANIS

-医療の質と経済性の評価・向上にむけて-
診療パフォーマンス指標の多施設比較
 Quality Indicator/Improvement Project
  (Q I P)


 概 要

 QIPとは
 QIP (Quality Indicator / Improvement Project) は、DPCデータの分析・比較を通じて医療の質と経済性の改善を目指す、弊教室のコア・プロジェクトです。分析結果を定期的にフィードバックすることにより、厳しい経営環境の中で医療に真摯に取り組まれておられる参加施設の先進的な病院マネジメントへの貢献を目指しています。 そして、QIPは研究を通じて、医療の質と経済性の向上にむけての提言を行います。


 QIPの特徴

1. 弊教室では、各診療科の専門医を始め、臨床や経営の実務経験者、経営工学・情報学分野等のスタッフが多角的にデータを解析します。信頼性が高く有用な解析結果の提供を目指します。


2. 学術研究を礎に、解析結果を通じた参加施設との双方向的な改善活動に積極的に取り組みます。


3. 大学の厳格な倫理審査と承認を得た実施計画のもとに研究事業を進めています。 お預かりしたデータは厳重な情報セキュリティシステムのもとに管理しています。
(情報セキュリティ・マネジメント・システム認証ISO27001取得・維持)



 参加登録・データの取り扱い
 参加費は無料です。厚生労働省に提出されているものと同じDPCデータとE/Fファイルをお送り下さい。詳しくはこちら。 ご提供いただいたデータは大切に保管され、研究チームによって最終報告を作成するまで一貫して匿名化されています。


 解析結果のご報告
 年に4回、解析アウトプット集ならびにNEWSLETTERを各施設の代表者とご担当者あてにそれぞれお送りいたします。アウトプット集(CD-ROM)には毎回お送りする基本的な指標のほか、研究プロジェクトで新たに開発した指標もご報告しています。 ニュースレター(印刷物)ではアウトプットの内容を簡単に要約してご紹介している他、各施設よりお寄せ頂いたご質問やご要望にもお答えしています。