当教室(医療経済学分野:Department of Healthcare Economics and Quality Management)は、 医療の経済と質の研究活動に焦点を置いている。医療経済学は問題解決志向型の学際的・多領域統合的な分野であり、 社会医学の基本をなす統計・疫学と、経済学・経営科学・関連工学系等社会科学との両方に教育・研究活動の基盤を有する。
 医療の経済・政策ならびに医療提供の場での経営・質管理における高度な専門性が、実証的研究においても、 実務・経営・行政においても、益々強く求められるようになってきている。当分野は、社会的ニーズを先取りするにとどまらず、 将来の健康・医療関係領域でのヴィジョンに向けて人材を育成し、研究・開発の成果を上げ、社会に貢献することを目指す。